ここから本文です

読売新聞×SAPIPX じじもん Scrum(スクラム)—応援します、中学受験!

切る!貼る!知る!読売新聞を使って、時事問題に強くなる!

今週の読売新聞チェック記事はこれ!

015 2016年5月28日号
(5月20日朝刊から5月26日朝刊まで)

5月21日(土)
  • 朝刊13版 1面、4面 衆院定数10減 17年以降
  • 朝刊14版 1面、4面 衆院定数10減 17年以降
ひと言ポイント

 衆院選の「1票の格差」是正と定数削減を図る衆院選挙制度改革関連法が成立しました。これにより衆議院の定数が475名から10減って465名になります。新しい議員定数(465)の適用は2017年後半以降になりそうです。1票の格差とはどのような問題なのか、定数削減によるデメリットはないのか、公民の授業で学んだことを踏まえて考えてみましょう。

5月21日(土)
  • 朝刊13版 1面、9面 蔡氏「一つの中国」触れず
  • 朝刊14版 1面、9面 蔡総統「中台対話を継続」
ひと言ポイント

 1月の台湾総統選で当選した蔡英文氏が総統に就任しました。蔡総統は就任演説で、中国との対話を目指す考えを表明しました。そもそも、中国と台湾にはどのような歴史的関係があるのでしょうか。記事をきっかけにして調べてみましょう。

5月24日(火)
  • 朝刊13版 1面、2面 出生率1.46に回復
  • 朝刊14版 1面、2面 出生率1.46に回復
ひと言ポイント

 厚生労働省が2015年の人口動態統計を発表し、1人の女性が生涯に産む子どもの推定人数を示す合計特殊出生率が1.46であったことが報じられています。今回、岡山県を除く46都道府県で上昇し21年ぶりの高い水準となりましたが、人口の自然減は続いており、少子化の厳しい状況は変わりません。少子化対策について必要なことはどんなことなのか、改めて考えてみましょう。ちなみに、合計特殊出生率が最も高かったのは沖縄県の1.94、最も低かったのは東京都の1.17でした。

5月25日(水)
  • 朝刊13版 2面、38面 ヘイトスピーチ対策法成立
  • 朝刊14版 2面、38面 ヘイト根絶へ 対策法成立
ひと言ポイント

 ヘイトスピーチ対策法が成立したことを伝える記事です。ヘイトスピーチとは、特定の人種や民族への差別を助長する言動などのことです。この法律では、ヘイトスピーチ解消を目指してどのようなことが定められているのでしょうか。記事中に、「表現の自由への配慮から禁止規定や罰則規定が設けられていない」という内容の記載がありますが、これはどういう意味なのでしょうか。

5月25日(水)
  • 朝刊13版 3面、39面 可視化 範囲に課題 取り調べ 関連法成立
  • 朝刊14版 3面、39面 可視化 範囲に課題 刑事司法改革関連法成立
ひと言ポイント

 容疑者への取り調べの録音・録画(可視化)の義務化、司法取引を導入するなどの刑事司法改革関連法が成立しました。少し難しいですが、可視化の義務化がなされるメリットとデメリットについて理解しましょう。また、司法取引とは、容疑者が共犯者の供述をしたり、証拠を提出したりした場合にその見返りとして刑事処分を軽くできる制度です。これについても、メリットとデメリットについて記事から読み取りましょう。

じじもんスクラム 編集部

編集長の岡本です
サピックスで社会科の教科責任者をしている岡本です。
サピックスでは環境講座も設けています。こちらもぜひのぞいてみてくださいね。→SAPIXの環境教育

副編集長の岩田です
サピックスで社会科を担当している岩田です。
編集長とともにじじもんスクラムでさまざまなことをお伝えしようと思います。

このページの先頭へ

このページの先頭へ