ここから本文です

切る!貼る!知る!読売新聞を使って、時事問題に強くなる!

トップページへ戻る

今週のチェック記事バックナンバー

一覧へ

009 2017年4月14日号
(4月7日朝刊から4月13日朝刊まで)

4月7日(金)
  • 朝刊13版 34面 静岡市 政令市初70万人割れ
  • 朝刊14版 34面 静岡市 政令市初70万人割れ
ひと言ポイント

 静岡市の4月1日時点の推計人口が69万9421人となり、政令指定都市(政令市)の指定の目安「人口70万人」を割り込んだことを伝える記事です。政令指定都市とは何か、静岡市の人口減少の理由は何か、記事から読み取りましょう。また、現在20ある政令指定都市の位置を、地図帳を用いて確認しておきましょう。

4月8日(土)
  • 朝刊13版 1面、2面、3面、4面、6面、7面、9面、11面、37面 米、シリアにミサイル攻撃59発
  • 朝刊14版 1面、2面、3面、4面、6面、7面、9面、11面、37面 米、シリアにミサイル攻撃59発
ひと言ポイント

 トランプ米大統領が、シリアに対する初の攻撃に踏み切ったことを伝える記事です。米軍のシリアへの攻撃について、日本政府の反応、国際情勢に与える影響などを記事から読み取ってみましょう。

4月9日(日)
  • 朝刊13版 掲載なし マララさん、国連平和大使に
  • 朝刊14版 7面 マララさん、国連平和大使に
ひと言ポイント

 2014年にノーベル平和賞を受賞したマララ・ユスフザイさん(19)を国連平和大使に任命すると国連が発表しました。マララさんが国連平和大使に任命される理由や、国連平和大使の任務について記事から読み取りましょう。この世界の将来を担うみなさんが、世界平和のためにできることはありますか。この機会に考えてみましょう。

4月11日(火)
  • 朝刊13版 2面 2065年の人口 8808万人
  • 朝刊14版 2面 2065年の人口 8808万人
ひと言ポイント

 厚生労働省が、2065年までの日本の将来推計人口を公表したことを伝える記事です。これによると人口の減少傾向は続き、1億人を割り込むのは2053年、2065年には8808万人になる見込みです。また、65歳以上の高齢者人口の割合は2015年の26.6%から2065年には38.4%に、労働力人口は現在の6割弱になるとしています。記事の中では「社会保障・働き方改革が急務」と示されていますが、具体的にどのような取り組みが必要になるのか周囲の人と話してみましょう。

4月12日(水)
  • 朝刊13版 17面 女性管理職登用 広がるか
  • 朝刊14版 17面 女性管理職登用 広がるか
ひと言ポイント

 女性活躍推進法が施行されて1年を迎えましたが、女性活躍推進への取り組みが評価され、国から「えるぼし」の認定を受ける企業が増えています。えるぼしの「える」は「労働(Labour)」「女性(Lady)」などの「L」で、認定にはさまざまな条件があります。どのような条件があるか、認定を受けた企業にはどのような利点があるのか、記事から確認してみましょう。

じじもんスクラム 編集部

編集長の岡本です
サピックスで社会科の教科責任者をしている岡本です。
サピックスでは環境講座も設けています。こちらもぜひのぞいてみてくださいね。→SAPIXの環境教育

副編集長の藤田です
サピックスで社会科を担当している藤田です。
じじもんスクラムでさまざまなことを皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

このページの先頭へ

このページの先頭へ