ここから本文です

切る!貼る!知る!読売新聞を使って、時事問題に強くなる!

トップページへ戻る

今週のチェック記事バックナンバー

一覧へ

010 2017年4月21日号
(4月14日朝刊から4月20日朝刊まで)

4月14日(金)
  • 朝刊13版 1面、3面、8面、15面、18面、26面、28面、29面 仮設生活 なお4万5000人
  • 朝刊14版 1面、3面、8面、15面、18面、26面、28面、29面 仮設生活 なお4万5000人
ひと言ポイント

 最大震度7を観測した熊本地震「前震」から14日で1年となることを伝えています。2度目の震度7を記録した「本震」を含め、直接死は50人、地震の影響による震災関連死は170人にのぼりました。この震災関連死のうち、車中泊や避難生活を経験した人が半数の85人におよび、避難環境改善への取り組みが求められています。全国でどのような取り組み(段ボールベッドなど)が進んでいるか記事から確認するとともに、日ごろから出来る備えについて改めて家族で話し合ってみてください。

4月15日(土)
  • 朝刊13版 1面、4面 人口 6年連続減
  • 朝刊14版 2面、4面 人口 6年連続減
ひと言ポイント

 総務省が2016年10月1日時点の日本の総人口推計が1億2693万3000人となり、6年連続の減少だったことを伝える記事です。このうち、65歳以上の高齢者は3459万1000人で、総人口に占める割合は27.3%と過去最高になりました。都市と地方の人口格差の拡大とともに、地域によっては大都市の人口減少も問題視されるようになっています。人口が増加または減少している都道府県はどこか、人口減少が何をもたらすのか、記事から読み取りましょう。

4月17日(月)
  • 朝刊13版 21面 雪国救う?「雪エネルギー」
  • 朝刊14版 21面 雪国救う?「雪エネルギー」
ひと言ポイント

 雪をエネルギー源として活用している事例を紹介しています。雪は取りのぞくのに労力がかかり、多くの人々を悩ませていますが、春先に豊富な雪どけ水をもたらすとともに、スキー場などの観光資源としても利用されています。雪が省エネに活用されている具体例と、雪エネルギーがかかえる課題などを記事で確認してみましょう。

4月18日(火)
  • 朝刊13版 1面、37面 諫早開門差し止め判決
  • 朝刊14版 1面、37面 諫早開門差し止め判決
ひと言ポイント

 国営諫早湾干拓事業(長崎県)の潮受け堤防排水門の開門をめぐり、干拓農地の営農者らが開門差し止めを求めた裁判についての記事です。今回、長崎地方裁判所は国に開門差し止めを命じました。一方で、 2010年に福岡高等裁判所は、漁業者側の請求を認めて開門を命じる判決を出しています。矛盾した司法判断が示されているこの問題は非常に難しい問題をはらんでいます。まずは、漁業者側はなぜ開門を求めているのか、営農者側はなぜ開門の差し止めを求めているのか、それぞれの主張を読み取ってください。

4月19日(水)
  • 朝刊13版 1面、3面、4面、7面 英 6月8日総選挙
  • 朝刊14版 1面、3面、4面、7面、9面 英 6月8日総選挙
ひと言ポイント

 イギリスのメイ首相が、2020年5月に予定されていた下院(定数650)の総選挙を早め、6月8日に行う意向を表明したことを伝えています。イギリスは昨年6月に欧州連合(EU)離脱の是非を問う国民投票を行い、僅差で離脱支持が多数を占めましたが、現在も世論が分かれています。少し難しいですが、メイ首相のねらいは何か、総選挙の結果がどのような影響をもたらすと考えられるか、記事から確認しましょう。

じじもんスクラム 編集部

編集長の岡本です
サピックスで社会科の教科責任者をしている岡本です。
サピックスでは環境講座も設けています。こちらもぜひのぞいてみてくださいね。→SAPIXの環境教育

副編集長の藤田です
サピックスで社会科を担当している藤田です。
じじもんスクラムでさまざまなことを皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

このページの先頭へ

このページの先頭へ