ここから本文です

切る!貼る!知る!読売新聞を使って、時事問題に強くなる!

トップページへ戻る

今週のチェック記事バックナンバー

一覧へ

028 2017年8月25日号
(8月18日朝刊から8月24日朝刊まで)

8月18日(金)
  • 朝刊13版 15面 公園に防災機能 使い方周知
  • 朝刊14版 15面 公園に防災機能 使い方周知
ひと言ポイント

 防災機能を備えた公園が増えていることを伝えています。シートを張ることで「テント」として使える遊具、座る部分の板を外すと「かまど」になるベンチのほか、実際にどのような工夫がみられるのか記事から読み取りましょう。みなさんの家の近くにも防災機能が備わった公園があるかもしれませんので調べてみましょう。

8月18日(金)
  • 朝刊13版 29面 38年ぶり 野生カワウソ
  • 朝刊14版 29面 38年ぶり 野生カワウソ
ひと言ポイント

 長崎県の対馬で、国内で38年ぶりに野生のカワウソが確認されました。環境省によると、2012年に国の絶滅種に指定されたニホンカワウソかどうかは不明で、今後詳細な調査を行う予定とのことです。ほかに、国の絶滅種に指定された生物にはどのようなものがいるか、絶滅した背景と合わせて調べてみましょう

8月21日(月)
  • 朝刊13版 29面 「虫には虫」の天敵農法
  • 朝刊14版 29面 「虫には虫」の天敵農法
ひと言ポイント

 農作物の害虫を天敵の昆虫で駆除する「天敵農法」が全国で広まっていることを紹介しています。ナスの収穫量が全国1位の高知県では、県内のナス農家の天敵害虫導入率が昨年95%に達しましたが、どのような昆虫を利用しているのでしょうか。農薬と比べ、害虫以外の生物が駆除されない、人体に有害な化学成分が残る心配がないなどの利点がある天敵農法ですが、コストダウンや生態系への配慮が普及の鍵とされています。

8月23日(水)
  • 朝刊13版 1面 宇宙から見た日食
  • 朝刊14版 1面 皆既日食 宇宙では…
ひと言ポイント

 月が太陽をすっぽり覆う皆既日食が21日、アメリカ本土を99年ぶりに西海岸から東海岸まで横断しました。市民や観光客ら数百万人が観察し、歴史上でもっとも多くの人が見つめた皆既日食になったということです。記事には、日本の太陽観測衛星「ひので」が撮影した画像もあります。日食や月食のしくみを確認しておきましょう。【8/20(日)28面にも関連記事あり】

8月23日(水)
  • 朝刊13版 8面 野菜 高騰の夏
  • 朝刊14版 8面  野菜 高騰の夏
ひと言ポイント

 みなさんのご家庭で野菜の価格が話題になることはありますか。8月に入り、関東や東北を中心に記録的な長雨と日照不足が続いたため、ピーマンやキュウリなどの夏野菜をはじめとした野菜の価格が上昇しています。また、収穫前の米も、天候不順によって発生しやすい「いもち病」の流行が懸念されています。農作物の不作や価格の高騰がわたしたちのくらしにもたらす影響をさまざまな面から考えてみてください。

8月24日(木)
  • 朝刊13版 32面 南アルプス掘削中 リニア最難関
  • 朝刊14版 32面 南アルプス掘削中 リニア最難関
ひと言ポイント

 2027年に東京(品川)-名古屋間の開業を目指すリニア中央新幹線のうち、最難関とされる南アルプストンネルの掘削工事現場が公開されました。最難関とされる要因や、リニア中央新幹線のルートを記事から読み取るとともに、リニア中央新幹線が開業することの影響を考えてみましょう。

じじもんスクラム 編集部

編集長の岡本です
サピックスで社会科の教科責任者をしている岡本です。
サピックスでは環境講座も設けています。こちらもぜひのぞいてみてくださいね。→SAPIXの環境教育

副編集長の藤田です
サピックスで社会科を担当している藤田です。
じじもんスクラムでさまざまなことを皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

このページの先頭へ

このページの先頭へ