ここから本文です

切る!貼る!知る!読売新聞を使って、時事問題に強くなる!

トップページへ戻る

今週のチェック記事バックナンバー

一覧へ

029 2017年9月1日号
(8月25日朝刊から8月31日朝刊まで)

8月25日(金)
  • 朝刊13版 13面 災害時 SNS活用するには
  • 朝刊14版 13面 災害時 SNS活用するには
ひと言ポイント

 災害時、インターネットの短文投稿サイトなどのSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を使う人が増えてきました。今年7月の九州北部豪雨では救助を求めるためにSNSを使う人がいましたが、SNSで提供される情報への対応が、地方自治体ごとに異なったことが述べられています。もし私たちが災害に直面し、SNSを利用して救助を求める時に注意すべきことは何か。9月1日は「防災の日」です。これを機会に、災害への備えをご家族と一緒に考えてみてはいかがでしょうか。

8月29日(火)
  • 朝刊13版 6面 「空飛ぶ車」開発中
  • 朝刊14版 6面  「空飛ぶ車」開発中
ひと言ポイント

 大手自動車メーカーなどの若手技術者チームが「空飛ぶ車」の開発を進めていることを伝える記事です。当面は2020年の東京オリンピック・パラリンピック開会式で、聖火台に火をともすクルマを作ることが目標とのこと。実用化されれば、道路の渋滞などが解消されて「よりよい社会」につながるとの期待が高まりますが、実用化に向けて乗り越えなければならない課題もあるようです。この課題とは何かを記事から読み取りましょう。

8月30日(水)
  • 朝刊13版 35面 早朝の警報 緊張 北ミサイル
  • 朝刊14版 35面 早朝の警報 緊張 北ミサイル
ひと言ポイント

 8月29日早朝、北朝鮮のミサイルが日本列島の上空を通過しました。早朝のニュース速報を見て驚いた人もいたのではないでしょうか。危機を知らせる全国瞬時警報システム「Jアラート」が作動しましたが、トラブルや混乱が各地で生じたとのことです。緊急速報が流れた時に私たちがとるべき行動を記事から読み取って確かめておきましょう。

8月31日(木)
  • 朝刊13版 35面  黒潮「大蛇行」の可能性
  • 朝刊14版 35面 黒潮「大蛇行」の可能性
ひと言ポイント

 気象庁は、日本列島の太平洋側を流れる黒潮が東海沖で南に大きく蛇行していると発表しました。10月上旬にかけてさらに蛇行が大きくなる見込みです。記事からは、12年ぶりの「大蛇行」になったときに起こりうる漁業への影響や、災害について読み取りましょう。

じじもんスクラム 編集部

編集長の岡本です
サピックスで社会科の教科責任者をしている岡本です。
サピックスでは環境講座も設けています。こちらもぜひのぞいてみてくださいね。→SAPIXの環境教育

副編集長の藤田です
サピックスで社会科を担当している藤田です。
じじもんスクラムでさまざまなことを皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

このページの先頭へ

このページの先頭へ