ここから本文です

切る!貼る!知る!読売新聞を使って、時事問題に強くなる!

トップページへ戻る

今週のチェック記事バックナンバー

一覧へ

034 2018年10月5日号
(9月28日朝刊から10月4日朝刊まで)

9月29日(土)
  • 朝刊13版 1面、3面 株高26年ぶり水準
  • 朝刊14版 1面、3面 株高26年ぶり水準
ひと言ポイント

 28日の東京株式市場で、日経平均株価が一時2万4286円10銭となり、取引時間中としては1991年11月14日以来、約26年ぶりの高値をつけました。株価を支えているのは、堅調な日本経済や円安の進行などがあげられ、28日の外国為替市場では、円相場が約9か月ぶりに1ドル=113円台半ばまで円安・ドル高が進みました。円安が日本経済に好影響を与える理由を、記事をふまえて考えてみましょう。

10月1日(月)
  • 朝刊13版 1面、2面、3面 沖縄知事に玉城氏
  • 朝刊14版 1面、2面、3面 沖縄知事に玉城氏
ひと言ポイント

 アメリカ軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設計画の是非などが争点となった沖縄県知事選が30日に投開票され、移設に反対する前衆議院議員の玉城デニー氏が当選しました。玉城氏は、辺野古への移設計画に反対してきた翁長氏の「後継」として擁立され、「翁長知事の意思を引き継ぐ」などとアピールし、支持を拡大しました。一方、普天間飛行場をかかえる宜野湾市長選では、辺野古への移設を進める政府・与党の支援を受けた候補が当選しています。普天間飛行場や名護市辺野古の位置を確認してください。また、移設賛成派と反対派のそれぞれの意見について考えてみましょう。

10月2日(火)
  • 朝刊13版 1面、2面、3面など 本庶氏 ノーベル賞
  • 朝刊14版 1面、2面、3面など 本庶氏 ノーベル賞
ひと言ポイント

 スウェーデンのカロリンスカ研究所が、2018年のノーベル生理学・医学賞を、免疫を抑制する働きを持つ分子「PD‐1」を発見した本庶佑・京都大特別教授ら2人に贈ると発表したことを伝えています。「オプジーボ」とよばれる薬でこの分子の働きを抑え、人間がもともと持っている免疫力を回復させる「がん免疫療法」に道を開いた点が高く評価されました。本庶教授が強調した「知りたいという好奇心」は、皆さんの日々の学習にも通じるものといえますね。

10月2日(火)
  • 朝刊13版 2面、7面 米・カナダ再交渉合意
  • 朝刊14版 2面、7面 米・カナダ再交渉合意
ひと言ポイント

 アメリカのトランプ政権が、北米自由貿易協定(NAFTA)の再交渉でカナダとの合意に達したことを発表し、メキシコを含む3か国の枠組みを維持することになりました。もともとNAFTAとはどのような取り決めだったのか。今回の合意には、アメリカの自動車産業の雇用や生産を増やすルールが含まれていますが、この合意が日本の自動車メーカーに与える影響とはどのようなものなのか。記事から確認してみましょう。

10月3日(水)
  • 朝刊13版 1面、2面、3面など 社会保障 3年で改革
  • 朝刊14版 1面、2面、3面など 社会保障 3年で改革
ひと言ポイント

 第4次安倍改造内閣が2日、皇居での認証式を経て発足しました。12人が初入閣となりましたが、国務大臣は何人いるのか、だれが留任したのかなどを1面の閣僚名簿の記事から、取り組むべきおもな政策課題はどのようなものかを2面の記事から、それぞれ確認してみてください。

じじもんスクラム 編集部

編集長の岡本です
サピックスで社会科を担当している岡本です。
サピックスでは環境講座も設けています。こちらもぜひのぞいてみてくださいね。→SAPIXの環境教育

副編集長の藤田です
サピックスで社会科を担当している藤田です。
じじもんスクラムでさまざまなことを皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

このページの先頭へ

このページの先頭へ