ここから本文です

切る!貼る!知る!読売新聞を使って、時事問題に強くなる!

トップページへ戻る

今週のチェック記事バックナンバー

一覧へ

041 2018年11月23日号
(11月16日朝刊から11月22日朝刊まで)

11月16日(金)
  • 朝刊13版 8面 LCC地方空港へ次々
  • 朝刊14版 8面 LCC地方空港へ次々
ひと言ポイント

 訪日外国人旅行者の増加を受け、格安航空会社(LCC)を中心に地方空港への新規就航が相次いでいます。航空大手と競わないすきま路線への進出で、拡大する需要を取り込む戦略です。国も地方空港による新路線の誘致を後押ししていますが、それは、どのような効果を期待してのことなのか考えてみましょう。

11月17日(土)
  • 朝刊13版 1面、32面 キログラム定義改訂
  • 朝刊14版 1面、32面 キログラム定義改訂
ひと言ポイント

 皆さんは「秒」の単位が、セシウム原子の出す光の振動時間に基づいて定義されているのを知っていますか。
 パリ郊外で開催された国際会議「国際度量衡総会」は16日、質量の単位キログラムなど4つの単位の定義改定案を承認しました。質量の単位は、1889年から分銅「国際キログラム原器」で定義されてきましたが、130年ぶりに見直されることになりました。ほかに定義が見直される単位は、電流のアンペアと温度のケルビン、物質量のモルです。キログラムの定義が改訂されることになった背景を記事から読み取ってみましょう。【11月16日10面にも詳しい記事あり】

11月19日(月)
  • 朝刊13版 1面、2面、7面 APEC首脳宣言断念
  • 朝刊14版 1面、2面、7面 APEC首脳宣言断念
ひと言ポイント

 パプアニューギニアで開かれていたAPEC(アジア太平洋経済協力会議)が18日閉幕しました。貿易などを巡って対立する米中両国の攻防が影響し、議長国のパプアニューギニアは共同宣言の採択を断念しました。米中の貿易上の対立はどのような状況になっているのか、記事などから確認してみましょう。

11月19日(月)
  • 朝刊13版 1面、3面 紙おむつリサイクル手引き
  • 朝刊14版 1面、3面 紙おむつリサイクル手引き
ひと言ポイント

 環境省は来年度、使用済み紙おむつのリサイクルを促すガイドライン(手引き)を策定する方針を固めました。高齢化で大人用おむつの生産が過去最高を更新し、ごみの量が増えていて、有効活用することで減量化に取り組みます。しかし、紙おむつのリサイクルには多くの問題があります。どのような問題があるのかを記事から読み取ってみましょう。

11月22日(木)
  • 朝刊13版 15面 基礎からわかる外国人労働者
  • 朝刊14版 15面 基礎からわかる外国人労働者
ひと言ポイント

 現在、外国人労働者の受け入れを拡大する出入国管理・難民認定法の改正案が臨時国会で審議されています。政府は単純労働を含む分野で、外国人に新たな働き手となってほしい考えです。現状の外国人労働者の受け入れはどのようになっているのか、なぜ受け入れを拡大するのか、受け入れを拡大した際の課題にはどのようなことがあるのか、記事をもとに考えてみましょう。

じじもんスクラム 編集部

編集長の岡本です
サピックスで社会科を担当している岡本です。
サピックスでは環境講座も設けています。こちらもぜひのぞいてみてくださいね。→SAPIXの環境教育

副編集長の藤田です
サピックスで社会科を担当している藤田です。
じじもんスクラムでさまざまなことを皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

このページの先頭へ

このページの先頭へ